腰椎椎間板ヘルニアについて

手術しかないと言われた腰椎椎間板ヘルニアでも諦めないでください!
腰痛、足のしびれの最後の砦の整体院です。

こんなお悩みはありませんか? 

  • 慢性的に腰が重い痛い
  • お尻や太もも、ふくらはぎに痛みやしびれを感じる
  • 長時間同じ姿勢でいるのが辛く、立ち仕事・座り仕事に集中できない
  • 歩いていると痛みやしびれが増して、休むと楽になるのを繰り返す
  • 痛みで体が曲がって歪んでしまう
  • 腰が丸まってきているように感じる
  • 病院で手術を勧められたが出来るならば手術を避けたい
  • このまま痛みで歩けなくなったらと思うと不安

一つでも当てはまることがある方もご安心下さい。

当院ならそのお悩みを改善できます!

 

腰椎椎間板ヘルニアの原因

ヘルニアとは、ギリシャ語で「(本来あるべき場所から)飛び出したもの」という意味で、椎間板ヘルニアの場合は、背骨の椎骨間にあるクッションである椎間板の中にある【髄核】というゼリー状の物質が外に飛び出たものを表します。

椎間板は、お腹側よりも背中側が構造的に弱く、ほとんどの場合椎間板ヘルニアが起こるのは、後方または後側方に起こり、後方および後側方には、脊髄や神経根があるためにそれらを圧迫して、腰痛や下肢のしびれが起こると言われています。

不良姿勢(猫背、足組みなど)

腰を丸めた姿勢いわゆる猫背でいると、椎間板はお腹側が圧迫されて、背中側が広がります。
その状態を継続的に行うと椎間板の後方が段々と広がり裂けていき椎間板ヘルニアが起こります。

また、足を組む癖があると余計に骨盤が後方に倒れこむことで腰椎(腰骨)に負荷がかかり椎間板がより裂けやすくなります。

喫煙、飲酒など生活習慣によるストレス

喫煙や飲酒によって椎間板ヘルニアが起こりやすくなるという医学的な研究結果が出ています。
椎間板は、血流が乏しい組織で損傷が起きても中々すぐには回復しません。

そのため、喫煙や飲酒で血流をより悪くするような生活習慣があると裂けてしまった椎間板が自然治癒力では回復しなくなってしまい椎間板ヘルニアを起こしやすくなってしまいます。

腰椎椎間板ヘルニアが必ずしも腰痛や臀部、足のしびれの原因ではない 

健常者と腰痛患者をランダムに集めた腰椎椎間板のMRI検査で、全体の85%に椎間板ヘルニアもしくは椎間板の変性が診られたという実験結果があります。
また、手術によって椎間板ヘルニア部位を切り取ったにも関わらず症状が取れないケース。
椎間板ヘルニアが原因とされていた症状がなくなってからMRIで見ても椎間板ヘルニアに関しては症状がある時と無い時で違いが見られなかったというケースがあります。

つまり、必ずしも腰椎ヘルニアが症状を引き起こすわけではないと証明されました。

腰椎椎間板ヘルニアで注意が必要なケース

昨今の医療現場では、腰椎椎間板ヘルニアが画像診断で見つかったからと言ってすぐに手術が行われることはなくなってきました。
ほとんどの場合が、3か月以上の保存療法やブロック注射やトリガーポイント注射などによる和痛治療が行われ、それでも症状が改善しない、日常生活の質を著しく低下させているという場合にやっと手術が検討されます。
手術をしても改善しなかったケースや一旦良くなっても再発してしまったケース、神経を傷つけてしまい手術をしなければ良かったという例もあり病院でも手術を行うかどうかの判断は慎重になってきています。

しかしながら、即病院での処置や手術が必要なケースがあります。

  • 最近の激しい外傷歴(高所からの転落、交通事故など)
  • 進行性の絶え間ない痛み(夜間痛、楽な姿勢がない、動作と無関係)
  • 胸部痛
  • 悪性腫瘊の病歴
  • 長期間にわたる副腎皮質ホルモン(ステロイド剤)の使用歴
  • 非合法薬物の静脈注射、免疫抑制剤の使用、HIVポジティブ
  • 原因上明の体重減少
  • 腰部の強い屈曲制限の持続
  • 脊椎叩打痛
  • 身体の変形
  • 発熱
  • 膀胱直腸障害とサドル麻痺

    以上に該当する場合は、一刻も早く病院を受診して診断を受ける必要があります。

ご安心下さい!当院が腰椎椎間板ヘルニアからあなたを救います!

上記の重篤な問題がない場合に、病院では保存療法として痛み止めや神経疼痛軽減薬の処方や電気治療、牽引などが行われます。

しかしながら、それらは表面に出ている症状を抑えるためだけの対処療法でしかなく、薬が切れれば痛みがまた繰り返されたり、腰に原因がない症状の場合は電気治療や牽引も的外れな治療になります。

腰椎椎間板ヘルニアを引き起こす原因は、少なくとも10通り以上はあり、画一的な方法でなく、個人個人の体の状況に合わせて調整を行う必要があります。

当院では、一人一人の体の状態を見極める詳しい検査と、痛くない優しい調整法によって症状の改善に導きます。
一人で悩まずに是非一度ご相談ください!