頭痛について

バキバキしない気持ちいい施術で評判!
薬を飲む生活から抜け出したいあなたのための整体院です!

こんなお悩みはありませんか? 

  • 毎朝、頭の痛みや重さを感じて頭痛薬を飲まないと生活できない
  • 頭痛がひどくて寝込むことも多い
  • 以前は、頭痛薬で痛みが取れていたが最近効きが悪くなっている
  • 頭痛薬を飲み続けるとアルツハイマーや認知症のリスクが高まると聞いて不安
  • 薬を飲まずに快適な生活を送りたい
  • ズキズキ脈打つような痛みが続いている
  • 頭全体が締め付けられるように痛む
  • ひどくなると吐き気が出る、実際に吐いてしまう

一つでも当てはまることがある方もご安心下さい。

当院ならそのお悩みを改善できます!

 

頭痛の原因

頭がずきずきと脈打つような頭痛があるもの。

頭が締め付けられるような頭痛。

目がえぐりとられるような頭痛。

頭痛と一言でいっても様々な痛みの種類と、原因の違いがあります。

中でも、くも膜下出血や脳腫瘍、脳梗塞など命に関わる頭痛もありますので、一度専門機関で検査を受けることが大切です。

緊張型頭痛について

頭痛の7割が緊張型頭痛で、首や肩の緊張によって血流が悪くなることで起こります。

長時間のデスクワークなどの下を向く姿勢や、猫背などにより肩や首の筋肉にストレスがかかり、筋緊張から血流の悪化、細胞の栄養と酸素不足から頭痛を生じます。

または、精神的なストレスなどで血流が悪化し頭痛を生じる場合もあります。

身体的・精神的なストレス両面から発症することがありほとんどの場合が我慢できないほどではないが、鈍く頭を締め付けるような頭痛なので仕事などに集中できなくなります。

肩首に出来たトリガーポイントが痛みを引き起こすことも多く、頭痛の位置によってどの筋肉がトリガー(引き金点)になっているかを特定することが出来ます。

筋緊張の緩和だけでなく、ストレスの原因を見極め対処することが頭痛の予防につながります。

偏頭痛について

ズキズキと脈打つような頭痛を感じたり、入浴中などのリラックスしている時に頭痛が生じる。また、ある特定の食べ物を摂取すると頭痛がでる。などが偏頭痛の特徴です。

おもに、頭部の血管拡張が起きた時に頭痛が発生するので緊張性頭痛とは全く逆の理由で頭痛を起こします。

女性に特に多く、月経などのホルモンバランスの変化によっても起こることが多いものです。

偏頭痛が強くなると吐き気がしたり、実際に吐いてしまうほど痛むことがあります。

病院での処置

頭痛全体の1割ほどですが、脳血管障害による頭痛や風邪などの病気が原因の頭痛の場合は病院での処置が必要です。

緊張型頭痛と偏頭痛を併発している混合型頭痛の方も少なくありません。
病院での処置は、基本痛み止めによる痛みのコントロールです。
症状を何度も経験していると、痛みが出るタイミングがわかるようになり痛みが出る前に痛み止めを飲めば辛くならずに済むというように痛みをコントロール出来るようになります。

しかし、痛み止めは飲み続けると段々効かなくなるという方もいますし、あくまでも対処療法でしかありません。

カイロプラクティックの処置 

筋緊張性頭痛と偏頭痛の痛みの発生の仕方は全く逆ですが、施術の内容は同じです。

なぜならば、筋緊張性頭痛を放置し慢性化させたもの、もしくは頭痛薬などで頭痛を抑えることを長期間続けた先に偏頭痛が起こります。

または、何らかの理由で血管が収縮した状態が常になり、そこに急激に血液が流れ血管が拡張するため偏頭痛が起きる。

以上のように考えています。

偏頭痛の場合、施術をして血流が増すことで頭痛が一時的に増します。それを繰り返すことで血管が拡張した状態に体が適応してくると辛い偏頭痛が改善してきた例がいくつもあります。

ご安心下さい!当院が頭痛からあなたを救います!

頭痛薬などで痛みを抑えれば、しばらくの間痛みはマシになるかもしれませんが、

薬がなくても快適に過ごせたらと思いませんか?

当院にはその痛みを改善できる技術があります。一度ご相談下さい。