目の奥の痛み・眼精疲労

大川カイロプラクティックグループは関東に34院のカイロプラクティック整体院を構え日々たくさんの方の健康に携わっています。

大きなグループだから共有できるたくさんの臨床経験を日々の施術に活かしています。

大川カイロプラクティックセンター千歳烏山整体院での目の奥の痛み・眼精疲労の考えと施術方針をまとめました。

目の奥の痛み・眼精疲労でお悩みの方はお読みください。

 

参考:https://www.kango-roo.com/sn/k/view/1719

近年のスマ-トフォンの普及や長時間のデスクワークなどの影響もあり、目の奥の痛み・眼精疲労などをうったえる方が増えています。

目の奥の痛み・眼精疲労の場合、眼球が症状を引き起こしているというよりは、眼球の周辺の筋肉が負担に耐えきれずに症状を引き起こしているようです。

右の図のように眼球を上下左右に動かす筋肉や、遠近を調整するピント調節筋が多くあり、それらが連動しながらたくさんの視覚情報を得ています。

 

筋肉は、動かしすぎたり、また逆に動かさないことでも緊張してきます。

PCやスマートフォンを同じ距離で見ることによって眼球周辺の筋肉は縮んだまま固定されるため疲労します。また、たくさんの視覚情報が一気に眼に飛び込んでくるため大変な負担となります。

暗い中で強い光を見ることも眼にとっては強い刺激になります。

トリガーポイントマニュアルー筋膜疼痛と障害より参照

眼の奥の痛み・眼精疲労には、頸部のトリガーポイントの緩和がとても有効です。

右図の通り、頸部の硬結(こりのようなもの)がこめかみや目の奥に痛みや違和感を生じさせることは明白で、眼球周辺の筋肉も周囲が緩むことによって連動して緩み血流が良くなってきます。

 

また、施術以外でも簡単にできる眼球周辺の筋肉の緊張を緩和する体操によって緊張がほぐれていきます。

 

早期の老眼もピント調節筋の過緊張によるものである可能性が高く、眼鏡やコンタクトレンズなどの補正器具で調整する前に筋緊張の緩和と、正しく眼球周辺の筋肉が正しく使えるようにすることで改善の余地があります。

 

眼の奥の痛みや眼精疲労でお悩みの方は一度ご相談ください。

 

はじめて来院される方は一度お読みください。

スタッフ紹介

来院された患者さんの感想です。

ご予約・お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

「ホームページを見て…」とお電話ください。

03-5314-9091
受付時間
平日:10:00~20:00
土日祝:9:00~16:00
定休日
火曜日・木曜日

ご予約・ご相談はこちら

お気軽にご連絡ください

ご予約・ご相談は、お気軽にお電話ください。メールフォームでは、24時間受付けております。

03-5314-9091

アクセス

03-5314-9091
住所

〒157-0062 東京都世田谷区南烏山6-5-7 明光ビル新館101号室

京王線千歳烏山駅から西口から徒歩1分

営業日カレンダー

適応症状

  • 各項目クリックすると各ページに移動します。

千歳烏山整体院には、下記エリアからご来院いただいています。

世田谷区
南烏山・北烏山・給田・上祖師谷・粕谷・祖師谷・千歳台・八幡山・上北沢・桜上水・赤堤・松原
杉並区
上高井戸・久我山・下高井戸・永福・高井戸東・和泉
品川区
小山・小山台・中延・荏原
目黒区
目黒本町・下目黒・原町・上大崎
三鷹市
北野・新川・牟礼・中原
調布市
仙川町・若葉町・入間町・緑ヶ丘・西つつじヶ丘・東つつじヶ丘・菊野台