胸郭出口症候群について

腕が重だるくなる胸郭出口症候群の症状をバキバキしない矯正で快適に改善!
世田谷区だけでなく八王子、神奈川からも多く来院されています。

こんなお悩みはありませんか? 

  • 慢性的に肩が凝りマッサージでは楽にならない
  • 胸や背中、腕に痛みやしびれを感じる
  • 時々激しく痛むことがあり不安に感じている
  • つり革につかまっていると腕がだる重くなり挙げていられなくなる
  • 腕や手が極端に冷え、温めても中々温まらない
  • 荷物を持っているだけでも腕の痛みやしびれを感じる
  • 胸郭出口症候群と診断されたが治療を受けても軽快しない

一つでも当てはまることがある方もご安心下さい。

当院ならそのお悩みを改善できます!

胸郭出口症候群の原因

胸郭出口症候群とは、頸椎からでた腕の神経(腕神経叢)と鎖骨下動脈が鎖骨の下を通って腕に向かう途中で圧迫されたり刺激されたりすることで、痛みやしびれ、感覚異常、筋肉の低下を起こす病態です。

頸椎椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症と症状が似ているのでしっかりと鑑別することが重要です。

 

先天的な頸肋

第7頸椎に胎生期にあった肋骨が遺残したものを頸肋といい、その大きさは個人差があり様々ですが、頸肋が神経を刺激して胸郭出口症候群が起こります。
なで肩の女性や重量物を持ち上げる仕事で起こっている場合は頸肋が原因の胸郭出口症候群の可能性があります。

軽度の場合は、体操指導などで様子をみますが、重度な症状の場合は手術で頸肋や索状物を除去します。

筋肉の緊張による神経障害

①斜角筋症候群
②肋鎖症候群
③小胸筋症候群

これらの筋肉が緊張し神経を絞扼することによって起こる胸郭出口症候群です。
すべて、頸椎や鎖骨、胸部の胸郭出口周辺の筋肉でそれぞれ検査によってどの部位が絞扼を引き起こしているか判断がつきます。

頸椎のアライメントのズレ

頸椎は7つの骨がバランスよく上下に並んでいます。
軽い前弯の構造で頭の重さを支えていますが、デスクワークやスマホを見る時間が増えた現代では、顎を前方に突き出して頸椎のアライメントが崩れている時間が多くなっています。
頸椎のアライメントが崩れると、頸部や肩、背中、胸の筋肉が緊張し緊張した筋肉が神経を絞扼すると胸郭出口症候群が起こります。

病院の治療でなかなか良くならない理由

病院では、リュックなどの胸郭出口を圧迫するようなかばんは持たない。
重量物を持つような運動や仕事は避けるようにする。

といった予防を指導されます。
また、消炎鎮痛剤や痛み止めで症状を抑えることが行われますが、根本的な絞扼を起こしている筋肉に対しては電気治療器やマッサージぐらいしか行われていないため、頸椎のアライメントの調整を行わないために改善しないもしくは一時良くなってもすぐに再発するといったことが起こっています。

ご安心下さい!当院が胸郭出口症候群からあなたを救います!

カイロプラクティックは背骨と骨盤の専門家です。
頸椎のアライメントを正しく調整することで神経を絞扼している筋肉を緩めて胸郭出口症候群を改善していきます。

当院のカイロプラクティックボキボキしたり、痛みの伴う調整は行っていないのでカイロプラクティックが初めての方もご安心ください。

辛い胸郭出口症候群の症状を一人で悩まないでください。

当院にはその痛みを改善できる技術があります。一度ご相談下さい。