顔面神経痛(三叉神経痛)について

病院で異常なしと言われた顔面神経痛(三叉神経痛)の最後の砦の整体院
どこに行っても改善しなかった顔面神経痛でもご安心ください!
神経の働きを整えるやさしい施術でお体の状態を快適に導きます。

こんなお悩みはありませんか? 

  • 顔や頭に電気が流れるよな神経痛を感じる
  • 歯に痛みがあるが歯科医では虫歯ではないと言われた
  • 病院の検査では病名が特定されなかった。原因不明と言われた
  • 顔に風が当たるだけでも痛む
  • 顔が歪んでいる、耳の高さや口角の高さが左右で違う
  • 顔の筋肉が動かしにくく表情がうまく作れない
  • 耳や耳の中が痛むことがある

一つでも当てはまることがある方もご安心下さい。

当院ならそのお悩みを改善できます!

 

顔面神経痛(三叉神経痛)の原因

顔や頭が痛いときに顔面神経痛という言葉を聞くことがありますが、正確には顔面神経は運動神経であり表情筋を動かす神経で、顔面の痛みなどの感覚を感知するのは三叉神経であるため、正確には三叉神経痛というのが正しい症状名です。

病気としての三叉神経痛

病院で三叉神経痛と診断される場合、血管が特定の神経に触れることで顔の痛みや顔の筋肉の痙攣が起きることがあります。これが、三叉神経痛という病気です。

又、顔の痙攣は、眼の周囲の筋肉がピクピクして目を開けてられない状態になるもので、顔面痙攣と呼ばれます。

病院で原因不明とされる三叉神経痛

病院の検査では、MRIを使った画像診断で神経が血管によって圧迫を受けているところを探します。
圧迫されているところが見受けられない場合は、原因が特定できないということで原因不明とされ、症状に対処するように薬が処方されます。

必ずしも、血管による神経の圧迫がなくても表情筋の緊張による血流の悪化や、背骨の歪みにやズレによる神経の働きの低下による三叉神経に沿った痛みもあります。

表情筋が緊張する原因

精神的にストレスを感じた時などにこめかみやまぶたがピクピクしたり、心と表情筋には強い繋がりがあります。精神的なストレスが強い状態が続くと表情筋は硬く緊張してしまいます。

また、背骨の歪みやズレによる不良姿勢は、頭の重さを支えるために首や肩、背中の筋肉だけでなく、表情筋も緊張させてしまいます。
不良姿勢が長く続くと、表情筋を緊張させる原因になります。

表情筋に緊張を緩めるには背骨の歪みやズレを修正することが重要

表情筋を緩めることは、エクササイズやファイシャルマッサージでも可能です。
しかしながら、筋肉は緩めても緊張する原因があれば、また硬く緊張しようとします。

背骨の歪みやズレがあると、頭の重さを支えるために表情が緊張してしまうので、筋肉だけを緩めるのではなく背骨の歪みやズレも修正する必要があります。
背骨の歪みやズレはカイロプラクティックの施術によって修正することができます。

ご安心下さい!当院が顔面神経痛(三叉神経痛)からあなたを救います!

当院の、背骨の歪み・ズレの矯正方法は、ボキボキしない痛みのない調整方法です。
初めて、カイロプラクティックを受ける方、痛い施術が苦手な方や、骨が弱くなっている高齢者にも安全に行えます。

これまでにも、顔の痛みで歪む表情を周囲に見られている気がして外出するのが怖くなってしまったという方も今では元気に外出できるようになりました。
今度はあなたの番です!

当院にはその痛みを改善できる技術があります。一度ご相談下さい。