karte.48 腰痛の本当の被害者

腰が重だるい
急に腰に痛みが走って動けなくなる
腰が抜けそうな感覚が常にある
長時間立っていたり座っていたりすると腰が痛くなる
などなど

一言に腰痛と言ってもその症状の表現方法は多岐に渡り、毎日のように腰痛患者が訪れる整体院では時々聞いたこともないような新しい腰痛の表現方法を聞くことがあります。

腰が痛くなった経験がある方は、初めて痛みを感じたときにはどのような行動を取りましたか?
ギックリ腰のような明らかに動くのが難しいなという痛みではなく、鈍痛などであればとりあえず腰を伸ばしてみたり、叩いてみたり揉んでみたり、とにかく腰に対してなにか腰痛緩和につながるのではなかろうかという行動を取ったと思います。

結果はいかがでしたか?
完治した。
一時的には楽になった。
変わらなかった。
悪化した。

初めての腰痛で症状もあまり強くないものであれば、一時的に楽になった方が多いかと思います。
何度も感じている腰痛であるならば、変わらなかった。または悪化した。と答える人が増えてきます。

腰痛という症状が起こっている際に、腰の筋肉は触ってみるとパンパンに張っています。
パンパンに張っている筋肉の下では、毛細血管が圧迫されて血流が悪くなりどんどん腰の痛みが重くなっていきます。

この時の腰の筋肉は果たして、腰の筋肉由来の緊張なのでしょうか?
わかりにくい表現になってしまいましたが、多くの場合で腰痛の際の腰の筋肉の緊張は腰以外のところが原因で引っ張り合いの中で腰の筋肉が緊張してしまっています。

つまり腰痛の際の腰というのは、加害者ではなく被害者と言えます。
腰が痛いというときに被害者である腰を伸ばそうが叩こうが、揉んでみようが腰の筋肉を引っ張っている本当の犯人を対処しなければ、良くて現状維持、最悪症状の悪化という結果を招きます。

では、腰痛の本当の犯人について大まかに解説します。

まず、腰を反らすと痛むタイプの腰痛(椅子から立ち上があったときに痛むタイプも同様)
大腿直筋(太ももの前側、大腿四頭筋の一種)
腸腰筋(腹部に存在し、腰椎と股関節を結ぶ筋肉)

次に腰を丸めると痛むタイプの腰痛
臀部の筋肉
ハムストリング筋(ももの裏側の筋肉)

腰痛で辛いなと感じたときは、腰の筋肉を何も知らずにいじるよりは試しに上記の筋肉のストレッチをしてみて下さい。
腰を揉んだりするよりは悪化するリスクも低く、改善する可能性が高いセルフケアの方法です。

それでも中々良くならない腰痛はぜひ一度当院へご相談下さい。