karte.26 産後肩が痛くて眠れない

育児中のお母さんと赤ちゃんを見ているととても幸せな気持ちになりますよね。

赤ちゃんにむけるやさしい微笑みや笑顔で見つめあっている姿はかけがえのないとても素敵です。

 

しかしながら、あかちゃんは急に泣き出します。言葉が通じないからなんで泣いているかもわかりません。おむつ?授乳?眠いから?暑い?いろいろやっても泣き止まない。

 

夜も夜泣きで何度も起こされる。いつも寝不足で日中にウトウトしていると急に泣き出す赤ちゃん。昼寝もできない。

お母さんは慢性的に寝不足のことがほとんどです。

 

今回の物語に登場するTさんもそんなお母さん方と同様にいつも寝不足でした。

ある時から肩が痛く日中はなんとか我慢できるものの眠ろうとすると肩の痛みで寝付けないうつらうつらしていると赤ちゃんが泣きだしてすぐに目が覚める。

 

自分の思い描いていた幸せな育児生活とはかけ離れていて、こんなことを言ってはいけないとわかっているけど、時々子供に対して怒りの感情がわいてくる。そしてそんな自分がとても嫌いで自己嫌悪を繰り返す。

 

外から見ていると幸せそうなお母さんもとても大変な思いをしながら育児を頑張っています。

私同様、男性陣はそんなお母さんたちの育児の辛さを本当に理解しましょう。3、4組に1組が離婚すると言われていますが、特に熟年離婚の理由のなかに育児時代に妻の気持ちをしっかり理解していなかったことが火種になっているようです。

 

話が逸れてしまいましたが、体がつらい状態では子供にも夫にも優しく出来ないものです。

Tさんの症状は幸い、2回ほどの施術で楽になり夜眠ることが出来るようになりました。

もちろん夜泣きが落ち着くまでは慢性的に寝不足な状態ではありましたが、体が楽になると少しの睡眠時間でも回復できるようになり以前よりは体も楽だとおっしゃっていました。

 

当院では平日日中お子様連れで来院できるようにしていますのでTさんもお子様連れで来院されていました。

施術中はスタッフが子供の面倒を見ているのでTさんは施術時間のあいだゆっくり育児を休めます。

 

お母さんと離れると泣いてしまうこともありましたが、施術終了後のTさんのすっきりした顔とお母さんに再会できたときに泣いていた赤ちゃんも一気に笑顔になります。

その時にみる二人の表情がとても幸せそうで、この仕事やってて良かったと思える瞬間です。

 

頑張っているお母さん方を支えられることが私たちの幸せです。一人で悩まずに是非いちどご来院なさってください。

これからも幸せなシーンを生み出せるように努めてまいります。